若いときに家を買った私の住宅ローン体験談

自分の家を購入した場合、ほとんどの方が多額の住宅ローンを抱えます。
我が家の場合、若い時に住宅を購入したために、頭金が少なく、そのために多額の住宅ローンを支払っていかなければなりませんでした。
現在は、予定より早く払い終わりました。
我が家の場合、家を購入した時は、まだ子供が幼稚園でした。
その為、まだ教育費がかからない状態でした。
そのため、とにかくお金を貯めて、貯金はあまりせずに、貯まったら繰り上げ返済をするという事を繰り返していました。
最初は、月々の支払いとボーナス払いを使って支払っていました。
ところが、ボーナス払いをやめて、月々均等に支払いをする方がお得だという事を聞き、ボーナス払いをやめて支払うことにしました。
そして、ボーナスは、ほとんど全て繰り上げ返済をすることにしました。
繰り上げ返済をする場合、月々の返済を減らすか、ローンを支払う期間を減らすか決めなければなりませんでした。
そこで、銀行に行き、調べてもらい、ローン支払いの期間を減らした方が良いとアドバイスをもらい、期間を短縮しながら繰り上げ返済をしていきました。
途中、子供が2人になり、長女が高校、大学に入学して学費がかかるようになった期間は、繰り上げ返済は出来ませんでした。
ただ、この時期に、いろんな住宅ローンを比較して、いろんな銀行に相談に行き、ローンを一本化しました。
その銀行を選んだのは、まず銀行員の対応が良かった事と、繰り上げ返済をする時に手数料がかからない事などです。
いろいろ相談にのってくれ信頼出来るというのも理由です。
その後、上の子が大学を卒業して学費がかからなくなり、その学費分を全て繰り上げ返済をして、下の子が中学卒業した年にローンが終わりました。
今、振り返ると、お金がかからない時に繰り上げ返済をする事と、お得なローンの情報にいつも耳を傾けている事と、わからない事や興味を持ったら、迷わずにプロの方に相談する事で早くローンを払え終わる事ができたと思います。
これが我が家の住宅のローンの体験談です。”