住宅ローンで新築一戸建てを建てる際の注意点について

住宅購入には多額の費用がかかります

新築一戸建てを建てるためには、たくさんの費用が掛かります。まず、土地を持っていなければ土地を購入したり、借地権を設定する費用が掛かります。前者ならば、数千万円は必要です。
そして、家を建てるためには、最初に設計をしなければなりません。これにも費用が掛かります。さらに、実際に建物を建てるための工事費用が必要です。この内、土地の購入と建物の建築費用は特に高額なため、大抵の人は住宅ローンを組むこととなるでしょう。

建ててから返すまでの返済計画が大切

 住宅ローンを組む際には、注意すべき点があります。それは、長期的な目線に立ち、きちんと返せる範囲で借りるべきであるという点です。住宅ローンは、最も長い物だと35年の返済期間があります。その間、金利がかかるので、借りた時以上の返済をすることとなります。また、毎月確実に支払わなければなりません。そのため、必要以上に借りてしまうと、後々返済が困難になるといった事態が生じてしまいます。

人生のリスクを考えた上で住宅ローンは組まれるべき

 銀行は、審査をした上で、貸すことのできる限度額を設定します。この限度額までなら、家を購入するために借り入れることは可能です。しかし、この限度額はあくまでその時点の与信情報に基づいて設定されます。そして、今後とも収入が安定しているとは限りませんし、子供が生まれれば学費も必要となります。その結果として、後々返済が困難となる事態は十分に生じ得るのです。そこで、ローンを組むのは、確実に返せる額にとどめておくべきです。
 以上のように、将来的に返済がきつくならないようにすべきですが、一般的な目安は年収の5倍までが適正値だと言われています。もちろんこれは目安で、余裕を持っていればいるだけ、返済が楽になります。したがって、自分の人生プランをしっかりと構築した上で、ローンを組む額を決める必要があるでしょう。