住宅ローンの審査を受けるための準備

住宅ローンの審査はいままでの人生の全てが問われる

マンションを購入する時に、ローンを利用しての分割の返済を希望する人も多いです。そこで、このローンを利用する時には、審査に通る事が必要になってきます。
そこで、住宅ローンの審査を受けるための準備をしていくようにします。この審査は、普通のクレジットカードやキャッシングの審査よりも難易度が高めになっています。マンションなどの価格は高いですので、審査する側も慎重になっているという事が言えます。

信用情報(クレジット・ヒストリー)はきれいにしておきましょう

そこで、準備ですけど、まずは信用情報に問題がないようにしておくという事です。審査の時には、信用情報を開示されます。
その時に延滞した履歴や債務整理した履歴などがあると、審査に通らない可能性が高くなります。ただ、延滞の履歴や債務整理の履歴は一定期間が過ぎると削除されます。
ですので、もし、そういった問題を過去に起こした事がある人は、その履歴が削除されてから審査に挑む事が大事になってきます。

借入の目安は収入の5倍

次に収入面です。マンションの価格が高いですので、収入の条件も高めになっています。どれくらいの収入があれば審査に通りやすいかは、審査する側によって異なってきます。ただ、当然、収入が高い方が有利になってきますので、ある程度、稼ぎが多くなってから審査を受けるようにします。
また、ボーナスがあると審査に通りやすいメリットがあります。

勤務期間は職種の安定性を見ます

そして、勤務期間も見られます。勤務期間が長いほど安定して働いている、安定した収入があるという評価をもらう事ができますので、勤務期間が長くなってから住宅ローンの審査を受けるようにします。
以上のように、なるべく審査が通りやすい状況をつくっていく必要があります。信用情報、収入面、勤務期間すべてにおいてきちんと準備しておくと審査に通る可能性はかなり高いです。