新しい家を手に入れるまでの豪華な船旅

住宅ローンは最大限考えて組むべき

夜の船旅で見える大地の風景一軒家やマンションをを購入する時には、大半の人が住宅ローンを組みます。そして、このローンの返済期間は長期で、長い物だと35年間の返済期間が設定されています。もちろん、繰り上げ返済をしてくことで、この期間を短縮することはできますが、それでも長期である点に変わりはありません。そこで、住宅ローンを組む場合には、将来の収入や環境についても考えてから、組むようにすべきです。

多くのリスクを考慮に入れて最善の手を打つ

 例えば、現在十分な収入をお持ちの方でも、事故で働けなくなるという事態はあり得ます。また、そうではなくても、業績の悪化により、整理解雇の対象となってしまうという可能性は否定できません。将来的な環境の変化は誰も正確には予測できない以上、どうなっても大丈夫なように計画を立てるのが、賢いと言えます。

自分の返済能力を冷静に見極めましょう

 住宅ローンを組む場合、期間が長期になればなるほど、金利の影響を受け、返済額が大きくなります。また同様に、借り入れる額が大きければ大きいほど、金利の影響を受けます。そのため、あまり借りすぎないよにした方が、将来の負担を軽減します。ローンの審査では、自分が想定した以上の額を勧められることがあります。しかし、それをそのまま受け入れるのは得策ではありません。毎月支払うのは自分なので、収入から支払っていけるのかどうかをよく検討すべきなのです。
いくらまで借りるか、考えるための一助となるものとして、返済計画のシミュレーションがあります。まずは各金融機関の担当者に御相談下さい。

各住宅ローンのシュミレーション→住宅ローン大全集「初めてのマイホーム」 おすすめの住宅ローンをお得に比較

頭金をどれぐらい用意できるかで安全性が変わる

 一般に、ローンの額は、年収の5倍が目安であると言われています。そのため、年収500万円の人ならば、およそ2500万円までということになります。もちろん、実際にはそれ以上の返済を考えている人もいるでしょう。しかし、不安定な世の中で、将来的に返していけるかは不透明です。そのため、高額の建物を建てる場合には、すべてローンで賄わず、前金として自分の貯蓄を切り出した方が得策であると言えます。
あなたの住宅購入を成功させるために、まずはきちんとお金を貯めること。そして、入念な準備が必要です。住宅は購入してからが本当の船旅です。それでは良い旅を。ボンボヤージュ!

新しい住宅ローン関連記事